【飛び込み面】様子を見る相手に開始早々に取った一本

一本集

皆さんこんばんは。一の太刀でございます。

ここのところ当ブログの直近の5つほどの記事が勝手に転送されて、「剣道のまとめサイト」のひとつにそのまま盗作されてしまうという状況に陥りました。

この記事もアップすると自動的にそのサイトに転送されてしまう設定になっているようで、ほとほと困っています。

そんなこんなで現在対応に追われております(涙)

先ほど一瞬おかしな記事となっていたのはそのためです。失礼しました。

では剣道のお話です。本日は「試合開始早々に取った飛び込み面」です。

試合開始からすぐに「面」を打つことはリスクが高すぎて、そうはないのですが、この試合は諸事情ありまして打ち込んでみました。

相手との対戦状況を考えてとった「飛び込み面」

2018年3月5日にありました加盟区の春の区大会:個人戦の初戦の一本目のシーンです。

相手は近年で3回程度対戦経験のある某実業団の方。

過去の戦績は私の三連勝だったかと思います。

内容

相手は二試合目、私は一回戦がシードだったためにこの試合が初戦となりました。

その日の調子がどうか

それを確認すべき初戦ですが、普段ならばいきなり「面」に跳ぶことはありません。

高校生の試合などを見ているとよく試合開始と同時に相手に向かっていき初太刀で決まるシーンを見かけますが、あれはとにかく素早く打って決めてしまおうということだけなのでしょうか。

良くわかりませんが、今の私にはあまりに「リスク」が高くみえて到底使えるものではありません。

しかし、この試合では少し状況が違いました。

過去の戦績では私が勝っていたので相手はまず様子を見ようと考えるのではないかと思いました。積極的に合わせにくることもあまりないかなと。

また、私が「下から小手」を多用することも知っているはず。前回の対戦でもそれで決めていましたから。

そんな中、開始の声で立ち上がり、お互い少しずつ間合いを詰めていき一足一刀の間合いにじりじりと入りつつあります。

そこで「ここは思い切って「面」に跳んでも良いのではないか」とふと考えました。

思い切って「飛び込み面」

普段めったにしないことが功を奏してその打突は一本となりました。

参考画像

では参考画像です。よろしければご覧ください。

毎度思いますが、もう少し肩を使って上から切り落とす振りができないものでしょうか…どうもうまくいきません

ギリギリ打突部位にはいったかどうか!

閲覧ありがとうございました。

おわりに

当たっていたかどうか、すこし怪しく運が良かっただけかもしれません。

しかし、どちらにせよ、そう見えるような打突であったと評価していただいたという可能性もあります。

通常ではこのタイミング、この間合いで「面」を打つことはなく多少覚悟がいるものでした。

ある意味「捨てきって打った面」と言えるものであったかと思います。

この様な普段やらないようなもので一本が取れたということは良い経験となります。剣道の幅も広がる事でしょう。

まあ、何度か対戦していて捨てて打つ覚悟を決めやすかったからということもありますけどね…

余談ですが前回の対戦での一本は得意の「上下の攻めから手元を上げさせて下から小手」で決めたものでした。

この時も怪しく打突は小手の拳にヒットして…

その記事はこちらです。

【小手】上下の攻めから手元を上げさせて取った一本
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 ついに今週末に剣道界の大一番の大会が行われますね。誰が優勝か楽しみです。 では本題の剣道のお話です。本日は「上下の攻めから溜めをつくり取った小手」についてです。 今回も小ネ...

また、その際の大会の記事はこちらです。

【個人戦の回】勝ったのか!?の巻 第70回 加盟区民体育大会「剣道の部」
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 早速ですが剣道のお話です。本日は「第70回 加盟区剣道大会の個人戦の回」です。 先の10月1日(日)は私が加盟している剣道連盟主管の大会がありました。 「35歳以上の部」に...

何かの参考になれば幸いです。

ではまた!

私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
一本集剣道試合面技
スポンサーリンク
facebook
この記事が気に入ったら
いいね!してね
最新情報をお届けします。
ichinotachiをフォローする
スポンサーリンク
一の太刀 剣道ブログ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました