【出鼻面】間合いを詰めて「小手」を打ってきた相手に「面」に乗って取った一本(実は危ない!!)

一本集

皆さんおはようございます。一の太刀でございます。

もう5月も下旬。そろそろ全国的にも田植えを終えた地域も増えてきたのでしょうか。私の地元では今週からおそらくピークとなる様子。

毎年のことですが、美しい田園風景が観れることに感謝せねばなりません。

では剣道のお話です。本日は「間合いを詰めてきた相手に間髪入れずに打ち込んだ出鼻面」です。

前回の記事で2019年3月の春の区大会二回戦での一本目の「小手」の記事を書きました。

【小手】スッと間合いを詰めて反応を見てからの一本
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 最近は昼時にだいぶ暖かくなる日が増えてきました。夏が待ち遠しいような、あの暑さに気がめいるような… では剣道のお話です。本日は「遠間からスッと一足一刀に間合いを詰めたところでの相...

今回はその試合の二本目の記事です。

スポンサーリンク

「面」は狙っていた

一本目に「小手」を決め、全体的な試合の主導権も握っているように感じていました。

試合も後半に入ります。

相手の手の内も「なんとなく」ですがわかったように感じました。まあ本来であれば、しっかり意識してそれを理解すべきなんでしょうけれども、悲しいことに私はそのレベルではありません…

内容

試合後半になりましたから一本を取られているお相手としてはより積極的に仕掛けてくるだろうなと思います。

その通りの展開になり始めました。

「飛び込み胴」から始まり、「小手・面」の二段技、鍔迫り合いからは早々に離れて縁を切ろうとします。

そこで一発、いつもの「触刃の間合いからの出鼻面」

タイミングは良くも打突部位にぎりぎり届きません…

■その出鼻面の記事はこちら

「出鼻面」は剣道の神髄か!? その「コツ」と「効果」は!【最重要】
2018年2月 追記しました。 皆さんこんにちは。残暑がきびしいですが、いかがお過ごしでしょうか。今週も私は2回の稽古ができそうです。 早速ですが剣道のお話です。本日は「出鼻面」です。とても重要な回となります。 同...

しかし「面」に可能性を感じました。

そこで2~3のやり取りの後、「一足一刀の間」に入ると同時に右足を前に出し打突準備

そして相手が詰めてきたと同時に「面」

これは相手が竹刀を大きく振りあげたところに打突したため相手の鍔元に当たります。

そこから離れ、再び「面」を狙おうと思った矢先にお相手が一気に間合いを詰めてきました。

瞬間的に身体が動き私は「面」

相手は「小手」

こちらは打突部位をとらえ、相手の竹刀は私の肩口に入り一本となりました。

参考画像

参考画像です。

鍔迫り合いから離れ、お互いが間合いを詰めてきました

右足を出し打突準備はできたか

このあたりで相手がグッと詰めてきたことを確認

無意識に打突動作

出鼻面なのに竹刀を振り上げすぎ(涙)

どうにかこちらがヒット

この時はこちらの面がヒットした感覚しかなく、自信を持って残心を取りに行きますが、あとで見返すと…

ありがとうございました。

おわりに

正直言ってこのシーンは私は打つべき機会ではありませんでした。

相手の打突次第ではこちらが「出鼻小手」を打たれていたでしょう。相手に合わせてしまいました。

このブログを立ち上げたころはこの様な機会で打ちに行くことはなく、もっと慎重であったはず…

「面」を狙っていたがゆえに、不意にグッと間合いを詰めてきた相手に合わせて身体が動いてしまいました。

この1年程では危険な「一足一刀の間合い」からの相手の始動を感じてから打ってしまうことがあり、危ない思いをしたことが数回記憶にあります。先に一本取られた後が焦りからか多いのですが、やはりもう少々「間合い」を見極めないと痛い目にあいそうですね。

「焦り」と「自信」の双方ありますが、どちらも注意が必要です。

その辺りを「注意せよ」といった記事も過去に書いたのに…(涙)

■この記事です

試合は「先手」を取って勝つ!「打たれない」を考える
皆さんこんばんは。昨夜は稽古ができたのですが、私が通っている道場の床はとても素晴らしく体育館のような床ではなく、片方向たった一枚の板を横に並べるだけのもので、さらにその一枚一枚が微妙に湾曲しており踏み込みの吸収も素晴らしいものです。...

何かの参考になれば幸いです。

ではまた!

私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
一本集剣道面技
スポンサーリンク
facebook
この記事が気に入ったら
いいね!してね
最新情報をお届けします。
ichinotachiをフォローする
一の太刀 剣道ブログ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました