出稽古で経験値を蓄積せよ

その他

皆さんこんにちは。一の太刀でございます。

昨日はとても良い天気に恵まれ、アイスクリームがとてもおいしく感じました♪

では剣道のお話です。本日は「出稽古」です。

皆さんは出稽古にはいかれてますでしょうか。

普段稽古されている場所のみと、様々な場所へ出稽古へ行かれている方とでは、やはり上達の差が変わってくるのではないかと思います。

出稽古のススメ

私は約13年のブランクがあり、専門卒のリバ剣ですが、ちょうど高校生、大学生といった、大勢の人たちと稽古し、練習試合を重ねて経験を積むべき大事な時期を剣道から離れた生活をしていました。

大勢の人たちと稽古することで経験を積む

同じ道場で兄弟弟子たちと切磋琢磨することはとても良いものであると思います。

自分の手の内を知っている兄弟弟子に、それを打ち破る技を練ることも良い勉強となります。

しかし、私などはブランクがあり、大勢の方々と稽古や練習試合する機会を持たずに復帰しましたので、どうしても色々な人たちと剣を交えた経験が少ないと言わざるを得ません。

それを解消するためにはどうしたらよいでしょうか。

社会人の場合は、部活ではありませんから様々な学校との一日使った練習試合などもありません。そうなると、「出稽古」が重要となるのではないでしょうか。

「出稽古」は緊張しますし、普段と勝手が違うところで稽古することはそれだけで神経を使います。

ですのでつい、そのような機会があっても足が重くなってしまいますよね。

自分の剣道に自信がなければ尚更に参加することに抵抗感があるかもしれません。私はその気持ちを凄く持っていました。

しかし、参加することでとても有意義な時間を過ごせることも間違いありません。

某大学の寒稽古参加で得た「経験」

私は2つの大学の寒稽古に参加した経験があります。

その1

復帰後の2~3年目に某大学の寒稽古に誘われて参加しました。

この大学は一般人にもオープンでして、参加すると記念に盃をくださいました。この時、初めて現役大学生と稽古したと思います。

普段からお相手いただいている兄弟弟子たちとは全く違う、学生の剣道に手も足もでないと言えてしまうくらいやられた感がありました。

「己が弱い」という現実を知る一つの事件でした(涙)

その2

また、今年は超有名大学の寒稽古にたまたま仕事上のご縁があって参加させていただきました。

実は参加することに「興奮」はしたものの、相応の「覚悟」が必要でした。

なぜならば私からすれば、名もない高校の剣道部を2年生の初夏に辞めてしまってから、30の歳まで剣道をしていなかった者が、全国の猛者たちが集まっている大学トップクラスの剣道部の寒稽古に参加させていただくなんて、

ボコボコにやられてしまうのではないかという「恐れ」や、格式の高さを感じていることによる「緊張感」、現実的に早朝4:30に起床し、車でないといけない場所へ行くことのの「大変さ」、などなど、様々なハードルが私の気持ちを複雑な思いとさせていました。

しかし、この様な機会はめったにある訳ではないことも事実。

その剣道部の歴史の一端でも知ることは私にとって「大きな財産」になることも分っていました。

結果としては、先生方に地稽古のお相手をしていただいて終わりました。その高名な先生方との稽古が私の「大きな経験」になったことが一番の収穫でした。

またその剣道部が「どの様な理念、理解の中でどのような稽古をされているのか」などを知ることができました。

これにより、「大学トップがどの様なものなのか」少しわかったのですが、「出稽古」にいっていなければ、得られるものではありません。

まとめ

昔であれば「出稽古」=「道場破り」的な考えもあったのかもしれません。先生が止めることもあったとかなかったとか。

現在はあまり気にすることはないでしょう。

余談ですが、かつて昭和の大横綱「千代の富士」関は、苦手な相手がいた場合には必ずその相撲部屋に何度も何度も「出稽古」に行き、その苦手を克服したとのことです。

私のようなものであれば、機会をつくり「出稽古」に参加すべきと考えます。

現在の私も定期的にいくつかの道場や剣友会に参加させていただき、様々な方々と稽古させていただいてます。

そのことで自分の剣道の幅が広がったことは事実です。

「大会」同様に「出稽古」は参加することに少し覚悟がいるかもしれません。

ただし、経験を蓄積できる一番の特効薬は「出稽古」であります。

ではまた!

私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
その他剣道
スポンサーリンク
facebook
この記事が気に入ったら
いいね!してね
最新情報をお届けします。
ichinotachiをフォローする
スポンサーリンク
一の太刀 剣道ブログ 

コメント

  1. つけ面 より:

    一の太刀さん、こんにちは。
    つけ面です。

    GWはゆっくりされましたでしょうか。
    私は家族サービスでヘトヘトでしたが、温泉につかってリフレッシュしました。
    稽古が全く出来なかったのが残念でしたが、剣道の動画を見てイメトレしてましたので、次の稽古に活かしたいと思います。

    テーマである出稽古、残念ながら私自身は経験ありません。確かに得るものが多いだろうと想像します。羨ましい限りです。
    私のように道場内の同じ顔ぶれの方々との稽古だけである場合、自分自身でテーマを持って取り組むことが大切だと感じます。
    そのためには課題の認識を怠るな!ですね。
    あと、一つ前のテーマである基本稽古も!

    • ichinotachi ichinotachi より:

      つけ面さん、こんばんは。
      GWは温泉でしたか!?よいですね、私も温泉大好きです!家族と一緒だと「大変さ」と「幸福感」と両方でしたでしょうか。

      私は幸運なことに現在の環境が出稽古に行きやすいものであるかと思います。
      行きたくてもそのような場所がない方もおられると思いますので、「そのような機会があれば」必ず行くと思っていればよいのではないでしょうか。

      「テーマ」を持つとは、これもよいですね!私の現在の課題は「構え」の修正です。
      バランス少々悪いので直しているのですが、自分のものにするにはまだ少し時間がかかりそうです。
      つけ面さん、お互いがんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました