そうは甘くありませんよの巻 第70回東京都剣道大会 2022

剣道

一の太刀でございます

実は2月19(土)にありました東京都剣道大会に参加いたしました

ご存じの方も多いかと思いますが、この大会は東京都剣連主催の大会の中でもレベルが高いものとして知られています

私も過去に何度かお声掛けいただき参加いたしましたが、それはもう経験値からも年齢からも私には場違いといってよいもの

その中で過去の大会では個人的には一定の成果と非常に良い経験をすることができました

■過去の記事

地力の違いがはっきりでちゃったの巻 第66回東京都剣道大会 2018
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 先日の2月12日(月)は第66回東京都剣道大会がありました。 昨年も参加させていただきましたが、今年もお声掛けいただきまして加盟区の代表として参戦しました! この大会は警視...

今年はいかに!!

加盟区剣道連盟の代表「副将」として参戦

7人制の団体戦となります

私は「副将」

チームの仲間は名門大学剣道部出身者ばかりで心強いところ

しかし、昨年11月にありました地域対抗戦でもメンバーであった彼らはコロナ禍の影響で2年ほど稽古をしていないという状況

それでもチーム内で一番足を引っ張る恐れがあるのは私…

そうはならないためにがんばります!

二回戦(初戦) A区戦

初戦相対しますはA区

私の所属する剣連とも比較的近い地域であり毎年の地域対抗戦でもお手合わせいただいています

そして、この度の私のお相手も先の11月にありましたその大会でも戦った方

その際は私が勝つことができました

今回も勝たねば!

プログラムを見るとお相手は25歳五段

そ、そうだったのか

私の子供でもおかしくない年齢差

年齢を言い訳にしたくなってしまうので

なおさら負けたくありません

チームは一人が一本勝ちで他はみな引き分け

私の勝敗がチームの勝敗にも大きく影響をする場面です

開始早々から私が間合いを詰めていきます

下から小手を打突も不発

その後いくつかのやり取りののちに…

お相手は下から攻めて剣先を裏にまわしてさらに裏からの面!

私は防御態勢をとるもその軌道を確認できず

防御がしっかりとできておらず自身の右面を打突され「面あり!」

ガーン…

やばいぞ、なんだか相手の竹刀の軌道がみえていない…

なんだか、前回の加盟区の大会で打たれた時と同じような感覚…

これはやばい

1月にあった加盟区の大会以来防具をつけていなかった影響か、または加齢による衰えか

近年負けている試合はたいていこの感覚になっているのを思い出します

二本目

取り返さなければと焦るも、私は大したことができず

さらには間合いの詰め方を読まれたか

その出鼻を狙われてのお相手「面」

私は「小手」

これはお相手の「面あり」で勝負あり!

まいりました(涙)

その後、大将は私の負けを取り返すため、積極的な試合展開で素晴らしい試合をみせてくれました

しかし残念ながら2:1で負けてしまい、チーム敗退

私の負けが響いてしまいました(泣)

足引っ張っちゃった…

おわりに

近年、負ける試合では似たような感覚におそわれること

これは当人の私にしかわからない感覚かもしれません…

その原因がわからないので対策の立てようがないところが困りもの

あー、11月に得た自信は見事に吹き飛びましたね~…甘かった…

これか!という手ごたえを感じていた間の詰め方も今回でその弱みもわかりました

勝手ながら負け試合なので動画編集なしであること、お許しください

まったく良いところがなかったなー

しかしこれも良い経験となるはず

余談ですが、試合後に挨拶に行きましたがお相手は爽やかな笑顔をした好青年でした!

またお相手願います

チームにも迷惑をかけてしまいました

もはや今年で47歳、次も選ばれるかはわかりませんが、チームの力になれるよう精進を重ねる所存です

ではまた!

私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
私もこちらでミツボシの小手「道」と「虎」を購入し愛用しています
剣道試合
スポンサーリンク
facebook
この記事が気に入ったら
いいね!してね
最新情報をお届けします。
ichinotachiをフォローする
一の太刀 剣道ブログ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました