【面返し胴】忘れたころを狙った一本

一本集

皆さんこんばんは。一の太刀でございます。

では剣道のお話です。本日は「こちらが多く仕掛けていた中でそろそろ「面」がくるであろうとふんで取った一本」です。

予測が当たったということですね。

スポンサーリンク

その試合初の「面返し胴」 相手が忘れたころを狙い取った一本

2018年3月5日にありました加盟区の春の区大会:個人戦の準決勝での一本目のシーンです。

相手は同門の方。前回の対戦では私が勝利していた状況です。

その大会の記事はこちら

【個人戦の回】勝ったのか!?の巻 第70回 加盟区民体育大会「剣道の部」
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 早速ですが剣道のお話です。本日は「第70回 加盟区剣道大会の個人戦の回」です。 先の10月1日(日)は私が加盟している剣道連盟主管の大会がありました。 「35歳以上の部」に...

内容

もともとは私の方が苦手意識を持っていた相手でしたが近年の勝敗は私が二連勝していました。相手はよほど警戒してくるであろうとは予測していました。

基本的に主導権を握りたい思いがあり、可能な限りこちらから仕掛けていく試合展開とすることができました。

手の内は知り尽くしていますからこちらの得意の「下から小手」や「一足一刀の間合いからの面」などは特に警戒している様子。

それでもそこから状況をみつつ、より多めに「くの字」防御から「小手」を誘い「小手返し面」を狙います。

ほとんどがこちらから仕掛けていくことに成功し、相手からの打突が少ない状況にありました。

こちらはそれまで「返し胴」を狙う動きは一切していませんでした。

そろそろ相手も「面」を打ちたいだろうと思いつつ、3分間の試合時間の後半に差し掛かったかなと思ったあたりで相手に打突の誘いをしてみるとふっと打ち気をみせてきました。

こちらはそこで返す動きをしようと手元を少し上げましたが、そこでは「面」がきません。すぐに手元を下すも継続して「面」を警戒。

すると「打ち気」からワンテンポおいて「面」がきました。

そこをそのまま「面を返して胴」として一本となりました。

参考画像

参考画像です。よろしければご覧ください。

互いが右足を攻め足として間合いが詰まりました

こちらとしてはその攻め足が「誘い」のつもり。すぐさま「面」がくると予想し手元を上げ始めます

しかし、相手もすぐには打ってきません。

半歩攻めてからの「面」という感じで相手が打ってきました。こちらもそれを頭に入れていたため再度反応

いつも通り返しつつ左足を左斜め後ろへと移動することで相手との距離をより保つことに成功

閲覧ありがとうございました。

おわりに

一度手元を上げて返す動作をしつつもそのタイミングではこず、その直後に「面」がきて「返し胴」が決まる

ということは比較的良くあることのように感じます。

それは相手としては「打ち気(攻め)」で「相手が手元を上げて構えを崩した」と判断してその直後に「面」を打った

という思いになっている可能性もあります。

この状況ではこちらとしては手元を上げてしまってこちらの「返し胴」の狙いがばれたと思う必要はなく、引き続き直後の動作に警戒し「返し胴」を意識しておくことでその技を決めることができるのではないでしょうか。

今回はもともと相手は「速い面」をもっており、稽古でも比較的近い間合いの時では「出鼻面」「相面」で私の面をバシバシ決めており、その技に自信を持っていたと思います。

その自信を持っているであろう「面」を打つ機会がなかった。

こちらもそれまで「面返し胴」を狙う動きをしていなかった。

という状況があったので予測がうまく当たったようです。

だからこそ前回の対戦でも「面返し胴」で一本取っていたにもかかわらず、同じ技で決めることができたのでしょう。

前回の「面返し胴」はこちら

【面返し胴】追い込んだことで焦りを呼び「面」を誘った一本
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 早速ですが剣道のお話です。本日は「一本先取の後に焦った相手の面を誘って取った面返し胴」です。 またまた小ネタシリーズ。 今回は先に書きました記事「払落して面を取った」後に二...

この一本を取った大会の記事はこちら

【個人戦の回】横から小手 王者への挑戦の巻 第71回都民体育大会剣道競技加盟区予選会
皆さこんばんは。一の太刀でございます。 ここ数日は急に暖かくなりましたが皆さんお変わりありませんでしょうか。体調崩しやすい時期でもありますので、お気を付けください! 私は完全に風邪をひいてしまいました! では剣道のお話...
「忘れたころに面返し胴」

そんな一本だったように感じます。

・初めのタイミングで「面」がこなくてもすぐ次の動作を警戒し意識する

・「面」を久しく打っていない相手の状況からの狙い撃ち

上記2点がポイントとなったものでした。

十数年前に再開し、とてつもなく貧弱な剣道だった当初から、いつも私を助けてくれたこの技に感謝です。

何かの参考になれば幸いです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました