【出鼻小手】打ち気満々の相手に取った一本

シェアする

皆さんこんばんは。一の太刀でございます。

先日、今年の初稽古に参加することができました。何週間ぶりでの稽古で喜び勇んでいったのですが、練っていた打突フォームをビデオカメラでチェックするとイメージと違い、難しさを感じたこの頃です。

では本題の剣道のお話です。本日は「打ち気が強い相手に取った出鼻小手」です。

「出鼻技」は「機会」が良ければ一本になりやすいものですよね。

それだけに難しい部分もありますが、試合での狙いどころとして重要でもあります。

スポンサーリンク




キレのない得意技を捨てずに自信をもって打ち込んだ一本

2017年6月にあった東京都某エリア親善大会での三試合目の一本目。

20代後半くらいの小柄で良く動く相手でした。

内容

お得意の「下から小手」でありますが、この時期はこの技の打突のキレがとても悪く、その打ち方を見失ってました。

普通に打ち込んでも一本にならないであろうと感じていましたが、自分の生命線である「下から小手」を捨てるわけにはいきませんでした。

この「下から小手」は中間から近間で打ち込む場合が多いのですが、

・手元が上がる

・面にくる

・軽く居つく

相手がこの3パターンになる場合に一本となるケースが多いものです。

しかし、この時期は「面にくる」際でしか、一本となるものではありませんでした。

この日の一試合目で強豪と対戦し、そこで似たような「出鼻小手」が決まっていました。

相手が前に出てくれれば「出鼻技」として成立するくらいの精度はあったと感じていました。

そんな状況で三試合目に決まった一本です。

画像

では参考画像です。

相手が引き面を打ってはなれていきます

引き面が決まっていないとなると、私の竹刀を払い落としてきました。器用なものですね

相手はすぐさま間合いを詰めてこちらに向かってきます

閲覧ありがとうございます。

おわりに

本来はこちらから仕掛けて「出鼻小手」にすることを理想としています。

■「出鼻小手」の記事はこちら

「出鼻小手(出小手)」は自分から仕掛けることで成立する 【出鼻技のコツ】
2017年7月28日 試合で決めた「出鼻小手」追記しました。 皆さんこんばんは。一の太刀です。私は仕事で郊外へ行くことも多いの...

今回のものは相手を引き込んで打つ「出鼻小手」に近かったと思います。

この画像を見てもわかりますが、打突時に顔が横に傾いています。

打たれたくない気持ちが恥ずかしいくらいでてますね(笑)

私のお手本である神崎選手はそんな打ち方していませぬ。打突後にうまく体勢を変えています。

あの元全日本覇者である警視庁の竹ノ内選手を相手に「出鼻小手」で決めています。

竹ノ内選手は自身の決め技のひとつ「出鼻面」を狙っていますね。

そこを神崎選手は先手を取って「出鼻小手」です。

この年、神崎選手は40歳前後ですよ!凄まじいですね!!

■神崎選手の記事はこちらです

「神崎力」選手 異彩を放つその【剣技】 錬士七段 西東京・国分寺
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 今週は区民大会なのですが、完全な稽古不足と体重の増加が重なり、不安でしかありません…...

打ち気が強い相手の場合、その勢いに押されてしまうとこちらが不利になってしまいますね。

一線級選手たちはその勢いや攻めの圧力が強いので、こちらがつい手元を上げてしまったり、相手に主導権を握られたりしてしまいます。

今回のお相手はとにかく攻撃的でガシガシ打ってくる方でした。

うまくタイミングを合わせることができ「出鼻小手」が決まった次第です。

私たちは「一本となる打突力」を身に着けることを優先し、臆することなく堂々と相手に対することを心掛けたいところです。

さすれば勢いある相手だったとしても、「対等」もしくは「こちらが主導権を握る」戦いの道が開けるのではないでしょうか。

■この試合での記事はこちらです

団体戦は楽しい!の巻 第61回東京某エリア親善大会
皆さんこんばんは。一の太刀でございます。 早速ですが剣道のお話です。本日は「東京都某地区の親善大会に参戦」です。 今年で61...

何かの参考になれば幸いです。

ではまた!

スポンサーリンク 東山堂

私もこちらでミツボシの小手「道」を購入し、使用しています!

剣道防具工房「源」

スポンサーリンク
一の太刀ブログ広告大
一の太刀ブログ広告大
【出鼻小手】打ち気満々の相手に取った一本
この記事をお届けした
「一の太刀 剣道ブログ」を気に入ってくださったら
いいねを宜しくお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
一の太刀ブログ広告大

コメント

  1. つけ面 より:

    一の太刀さん、つけ面です。
    明けましておめでとうございます。

    出鼻小手は私の得意技の一つだったのですが、最近は当てに行ってしまい、稽古でもなかなか決まりません(泣)
    距離は短くとも、踏み込みをしっかり行い、冴えのある打ちが出来るよう意識したいと思います。

    本年も一の太刀さんの記事を楽しみにしています!

    • ichinotachi ichinotachi より:

      つけ面さん、明けましておめでとうございます!
      コメントありがとうございます!
      毎日のように稽古していても打突が狂うことはありますし、週1~2回の稽古量ですとなおさらですよね。お気持ちよくわかります(涙)
      今年もよろしくお願いします!