【小手抜き面】こちらが攻めても手元を上げない相手に対しての一本

シェアする

皆さんこんばんは。一の太刀でございます。

今週末には六段審査会が東京で開催されます。普段東京開催の場合、平日が多いと聞いておりますが今回は土曜日。

私は六段受験資格が来年の春辺りのようですので、良い機会と思い、様子を見に行こうと思っています。

信頼している兄弟弟子が「審査前に一度どんなものか見ておいた方がよい」といっていたことを思い出した次第です。

しかし…開催場所は八王子市の「高尾駅」近くの「八王子エスフォルタアリーナ」です。

我が家からは1時間30分以上かかる場所です…ちょっと遠すぎ(汗)

では本題の剣道のお話です。本日は「誘って引き出すことができた小手抜き面の一本」です。

不意に狙てみようと思って偶然決まったものです。

まさしく偶然。

本来は自分の技として自得できているものこそが「決めるべき技」であり、偶然というものに期待すべきではありません。

しかし、この「技との出会い」も大切だと、昭和の剣豪:伊保清次範士八段もおっしゃっております。

偶然うまくいった技をしっかり覚えておき、修練し、自得する。

そのように出会う技を大事にしたいと思い、私の備忘録としての記事でもあります。

スポンサーリンク




手元を上げない、また「相面」が怖い相手にこちらの手元を上げて「小手」を誘って引き出した「小手抜き面」

2017年3月に行われた加盟区大会の団体戦。

準決勝のお相手は尊敬する兄弟子でした。

内容

普段も稽古をお願いしている相手ですので手の内は知っています。

不安材料は「相面」だとだいたい「打ち負ける」ことでしょうか。

同じスピードで繰り出す場合は、その「頭上中心から割って入るような軌道」で打ってくる合理的な面打ちに私の試合的軌道の面打ちでは、中心から外されてしまい、打たれてしまうのです。

よって、「面打ち」はよりリスクが高いように感じていました。

しかし、構えを崩さないので、得意の「下から小手」も手元を動かさないので一本とはなり得ません。

そういった状況で通常私が考えるのは「出鼻技」ですが、「面打ち」は先ほどのような理由で少々怖いところ。

どうしようかと考えていたところで、こちらが手元を上げて打ち気を見せると相手が「出鼻面」や「出鼻小手」を狙うような動きを見せます。

そこであえて手元を上げて「相手の打突を引き出して応じ技につなげられるか、構えを崩すことができるかな」といった程度の考えが、ふと過ぎりました。

ということで、手元を上げると来ました「小手」

そこを抜いて「面」を打突し、無事一本となった次第です。

参考画像

では画像をご覧ください。

一度手元を上げると反応したことを察知

もう一度上げると「出小手」を狙ってきました!

手元を上げ様子を見る感じでいると「出小手」にきたので打ち終わりまで我慢した状況です

おわりに

基本的には相手の「小手技」に対しては「小手返し面」のほうがリスクも低いように感じており、それを選択しています。

■小手返し面の記事

一本を取る「小手返し面」のコツと稽古法は
皆さんおはようございます。一の太刀でございます。 連休に入りましたが皆さんいかがおすごしですか?お休みは楽しいですが、稽古する...

しかし、その際の「誘い」がうまくいかなかったということもありました。そんな中でたまたまよぎった考えがうまくいったことで、記憶に残る一本でした。

この出会いを大切に…と思いつつなかなか「抜く」感覚がわからないのが本音ではありますが(汗)

何かの参考になれば幸いです。

ではまた!

スポンサーリンク 東山堂

私もこちらでミツボシの小手「道」を購入し、使用しています!

剣道防具工房「源」

スポンサーリンク
一の太刀ブログ広告大
一の太刀ブログ広告大
【小手抜き面】こちらが攻めても手元を上げない相手に対しての一本
この記事をお届けした
「一の太刀 剣道ブログ」を気に入ってくださったら
いいねを宜しくお願いします!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
一の太刀ブログ広告大